くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 085宮園の銀杏
  老樹名木のご紹介
 
宮園の銀杏(みやぞののいちょう)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
球磨郡五木村 イチョウ 500年 8.3m 45m

県内一の樹高を誇るイチョウの巨樹

この樹は、清流川辺川(かわべがわ)が静かに流れる宮園の集落の中に高く、枝張り良くそびえています。文禄5年(1596)相良長恒(さがらながつね)が朝鮮からの帰還を記念して植えたと伝えられ、樹高45メートルでイチョウでは県下一の樹高です。隣接する宮園阿蘇神社には、イチイガシの巨樹群があります。県指定天然記念物です。

【場所】
国道445号宮園の集落のほぼ中央に釈迦堂があり、そびえ立つこの木はすぐ分かる。五木北小学校と隣接している 。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.