くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 082八王社の樟
  老樹名木のご紹介
 
八王社の樟(やつおうしゃのくす)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
八代市北の丸町 クスノキ 1000年 12.7m 31.5m

天草灘の荒波から村を守った

潮風に強いアコウは昔から海沿いの集落に多く植えられましたが、魚貫崎集落の西に力強くそびえるこの大樹も民家の石垣にあって、防波堤と共に天草灘の吹き寄せる風と波を防ぎました。巨体をくねらせた幹の姿は生命力に溢れ、村を守る海との戦いを物語っています。市指定天然記念物です。

【場所】
国道266号、旧牛深市入り口付近より魚貫崎方面に右折。約6キロメートル先の魚貫町入り口よりさらに右折して、池田地区へ。3キロメートルほど山道を下ると、魚貫崎の集落と漁港に入る。道沿いの民家にある。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.