くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 080幣立神社の森
  老樹名木のご紹介
 
幣立神社の森(へいたてじんじゃのもり)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
上益城郡山都町 スギ、ヒノキほか

巨木が立ち並ぶ神々しい森

阿蘇を拓いた健磐龍命(たけいわたつのみこと)が阿蘇に入る前、ここで幣帛(へいはく)を立てて天神地祇(てんしんちぎ)を祀ったと伝えられる由緒深い神社で、境内ではスギやヒノキの巨木が林立し、県内一の社叢(しゃそう)をつくっています。町指定天然記念物です。

【場所】
国道218号、宮崎県境に近い大野地区に入った道沿い。
スギ・ヒノキ並木参道、神官宅横のコウヤマキ、本殿周りから裏に続く森をゆっくりと散策したい。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.