くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 062天社宮の大樟
  老樹名木のご紹介
 
天社宮の大樟(てんじゃぐうのおおくすのき)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
熊本市上高橋町 クスノキ 1000年 12m 22m

住民の豊かな暮らしをずっと見守ってきた

坪井川と井芹川が合流する間近の天社宮の境内にあって、幹囲が12メートルもある堂々たる巨樹です。奈良時代に産業を奨励して地域を豊かにし、その徳を称えられた道君首名(みちのきみのおびとな)が祭神です。市指定天然記念物です。

【場所】
市内田崎市場前を西に。三和中学校を過ぎると右手にヒライの弁当が見えてくる。坪井川を渡らずに、小道を左折すると川の合流点に天社宮がある。小道への入り口はヒライの弁当前が分かりやすい。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.