くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 051庚申塔の榧
  老樹名木のご紹介
 
庚申塔の榧(こうしんとうのかや)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
阿蘇市波野 カヤ 300年 3.8m 13m

旧道と新道との間に残された歯の神様

村人から歯の神様として大切に守られてきた庚申塔の横にあります。太い幹には種々の蔓(かずら)植物が絡み、その隙間にいろいろな植物が着生して、一本の樹にさまざまな種類の葉がついているように見えます。市指定天然記念物です。

【場所】
国道57号小地野を右折して約1キロメートル進んだ道沿い。
旧道が残っており、まるで道の真ん中にあるように見える。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.