くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 035下の城の銀杏
  老樹名木のご紹介
 
下の城の銀杏(しものじょうのいちょう)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
阿蘇郡小国町 イチョウ 1000年 9.6m 20m

千年の時を超え黄金色にかがやく

「ひこばえ」が根元を囲んで、大きな親株を守っています。四方に大きく枝を張り、遠目にもよく見えます。黄葉の美しさは地域の自慢で、秋にはライトアップもされます。この樹にまつわる醍醐天皇の孫姫君・小松女院(こまつにょいん)の悲恋物語も伝わっています。国指定天然記念物です。

【場所】
小国町中心から国道212号を北上約4キロメートル。本村地区から右手に下りていくと案内板がある。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.