くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 020滴水の銀杏
  老樹名木のご紹介
 
滴水の銀杏(たるみずのいちょう)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
鹿本郡植木町 イチョウ 500年 14m 42m

長年の風雨に耐え黄金色に天高く聳える

周囲の木々より頭ひとつ突き出し、遠くからもよく目立つ巨樹です。秋には全体が黄金色に染まり、樹齢は五百年と言われます。樹の下には板碑や五輪塔があり、昔ここに龍雲庵という寺があったと伝えられています。県指定天然記念物です。

【場所】
国道3号を植木町に入り、右手山田青果市場を過ぎたら左折、県道113号へ。桜井小学校を右折し約1キロメートル進む。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.