くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 015清滝神社の椋
  老樹名木のご紹介
 
清滝神社の椋(きよたきじんじゃのむくのき)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
山鹿市山鹿 ムクノキ 750年 5.2m 30m

神社とともに地域の歴史を見守る

狭い街並みを抜けると、清滝神社の境内を覆うように枝を広げた巨樹が現れます。文政12年(1829)の創建のときから楼門横にあるといわれ、まっすぐに伸びて樹勢も盛んです。ここは山鹿城跡の小高い場所で、菊池盆地が見渡せます。

【場所】
プラザ5の裏の駐車場に車を置いて徒歩5分。飲食街の路地をたどって行く。小さな神社の境内にある。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.