くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 014日輪寺の羅漢槇
  老樹名木のご紹介
 
日輪寺の羅漢槇(にちりんじのらかんまき)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
山鹿市杉 マキ 700年 5.7m 32m

天高く伸びた菊池武時お手植えの樹

マキの仲間は成長が遅いのですが、この老樹はその中でも巨大に育っています。南北朝時代に菊池武時が日輪寺復興の記念に植えたと伝えられ、その樹齢の長さがうかがえます。近くに武時の長女、素覚尼(そかくに)の五輪塔があります。市指定天然記念物です。

【場所】
国道3号山鹿大橋を渡って北上、約5キロメートルで日輪寺交差点。右手に大きな仏像が見えるのが日輪寺。山門を入って右手にある。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.