くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 104登立天満宮の船繋ぎ樟
  老樹名木のご紹介
 
登立天満宮の船繋ぎ樟(のぼりたててんまんぐうのふなつぎくす)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
上天草市大矢野町 クスノキ 400年 5.4m 18.5m

港の歴史を見てきた老樹

大矢野島の登立港を過ぎた小高い場所にある天満宮の石垣の上に、港と旧国道を見下ろすように堂々とそびえています。その根元に立つと昔の入り江の地形が想像でき、船繋ぎの名が納得できます。

【場所】
国道266号で大矢野町へ入る。ヒライの弁当のあるY字交差点で左に入り、旧道を港沿いに走る。港を通り過ぎた所、左側に登立天満宮。








詳細な地図はこちら

詳細

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.