HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H30-167押戸石の丘
 
 
167. 押戸石の丘
(おしといしのおか) 
 
 

●所 在:阿蘇郡南小国町大字中原地内
●施主等:NPO法人押戸石の丘
●平成30年度 特別賞

 
 

《所在地地図》



   
         
 
   

     
 
■2018くまもと景観賞パンフレットから抜粋
 連なる山々、波打つ草原地帯、360度素晴らしい景色の中に「押戸石の丘」がある。南小国町の標高845mに位置する小高い丘に先史時代、人工的に配置されたとされる巨石群が現れる。ここは古くから連続した文化があり祭事の場所として使われてきたように、大小の巨石が散在する光景はいつの日も神秘的に感じたのではなかろうか。  自然を活用した景観が観光資源であることは厳しい面も多々あるだろうが、この地に牛を放牧し採草し、それに伴う野焼きや道路の整備も代々受け継ぎ、長らく行なってきたことで景観の維持・向上が図られており、評価につながった。  また観光客の増加に伴い、NPO法人「押戸石の丘」を設立し、木質チップでの道路整備や希少植物の保全など様々な活動が活発に行われており、さらなる活動に期待を寄せている。


© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.