HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H30-166トヨタカローラ熊本東バイパス店
 
 
166. トヨタカローラ熊本 東バイパス店
(とよたかろーらくまもと ひがしばいぱすてん) 
 
 

●所 在:熊本市東区下南部3丁目14‐78
●施主等:トヨタカローラ熊本株式会社
●平成30年度 部門賞 広告景観賞

 
 

《所在地地図》



   
         
 
   

     
 
■2018くまもと景観賞パンフレットから抜粋
 東バイパス沿いの、実物の車をまるでミニカーのように展示しているガラスのタワーは、多くの市民にとって見覚えがあるものだろう。しかし、「車の森」をコンセプトととするトヨタカローラ東バイパス店のデザインはそれだけではない。お客様をもてなす室内はおおらかで明るく、豊富に木が使われていて暖かく優しい。また、車両を展示している駐車場に目を転じると、ステップ状になっているため、奥の車まで全体を見渡せる。これは、敷地の地形に素直に従った結果だが、車を様々な角度から眺めることを可能とするとともに、熊本の風景を遠くまで一望させる。また、この駐車場を含めた外構や屋上までも豊かに緑化され、東バイパス沿いに立つ街路樹と優れた調和をつくっている。コーポレートカラーのオレンジの使用は最小限にとどめたそうだが、ディスプレータワーをシンボルとした空間のデザイン全体が、そこに込められた想いとともに,優れた広告効果を示していると言えるだろう。


© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.