HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H30-164天城橋
 
 
164. 天城橋(三角大矢野道路)
(てんじょうきょう(みすみおおやのどうろ))
 
 
 

●所 在:上天草市大矢野町登立〜宇城市三角町三角浦
●施主等:熊本県
●平成30年度 部門賞 地域景観賞

 
 

《所在地地図》



   
        
 
   

     
 
■2018くまもと景観賞パンフレットから抜粋
 建設当時、連続トラス橋(三角形を組み合わせた骨組みの橋)としては世界最大の支間長を誇った天門橋は、架橋から50年以上に渡り、機能的にも景観的にも天草へのゲートとしての役割を担ってきた。2018年5月に開通した天城橋は、熊本天草幹線道路整備の一環として、この天門橋に平行して架けられた橋梁である。歴史的なものに隣接して新しいものを構築する場合、調和・継承させるのか、対比させるのか、一般に2つの異なる判断がある。鋼PC複合アーチ橋(中路式)という、天門橋とはまったく異なる形式を選択した天城橋は、一見、対比という選択をしたように見える。しかし、「周辺に調和しながらも四十数年の技術的進展が感じられる橋」をコンセプトにデザインされたこの橋は、天門橋が達成した三角ノ瀬戸を一跨ぎにする姿を現代の技術によって実現している。つまり,形態ではなく精神を継承している。天門橋と天城橋は協働しつつ、新しいゲートとしての風景をつくっていくだろう。


© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.