HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H24-139鍋ヶ滝
 
 
139. 鍋ヶ滝
(なべがたき)
 
 

●所 在:阿蘇郡小国町大字黒渕下滴水
●形 態:滝及び周辺施設
●施主等:小国町、黒渕387会
●平成24年度部門賞 緑と水の景観賞受賞

 

《所在地地図》
   
     
■2012くまもと景観賞パンフレットから抜粋
 自然と清らかな水に恵まれた小国郷には多くの滝が存在する。その中のひとつ、鍋ヶ滝は二百年ほど前に肥後藩の御抱絵師によって描かれた原風景を今も留めている。落差10m、幅20mの滝が落ちる光景は、まるでカーテンのようで、自然の造形美を堪能でき、四季の移ろいを楽しめる景観である。滝の背後は大きくえぐられ、滝を裏から見ることができることから「裏見の滝」とも言われる。CMロケ地になったことから観光スポットとして県内外から訪れる人も多い。
 地元住民の長年にわたる自主的な取り組みがあり、平成21年、町が公園整備のために用地を買収し、その後の整備へとつながった。住民と行政が協働し、地域の活性化に寄与していることも評価された。


© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.