HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H23-132高瀬本町界隈
 
 
132. 高瀬本町通り界隈
(たかせほんまちどおりかいわい)
 
 

●所 在:玉名市高瀬
●形 態:町並み
●施主等:高瀬まちづくり協議会
●平成23年度くまもと景観賞受賞

 

《所在地地図》
   
     
■2011くまもと景観賞パンフレットから抜粋
 菊池川の水運で江戸時代から栄えた高瀬町の町並みを修景し、それでそこに住む人々の町への誇りや伝統をも恢復しようとする取り組みである。
商家をイベント会場に改築した高瀬蔵(2005)等はその端緒となり、その後、高瀬地区景観形成住民協定が結ばれ(2008)、高瀬町づくり協議会が中心にとなって補助金等を得ながら計画的に町並みの修景事業が進められてきた。
現在では、綿密な痕跡調査や史料などに基づいて「建物が最も輝いていた時代」に復原する、より本格的な文化財的修理も行われるに至り、結果として、オーセンティシティー(本物らしさ)をもつ高瀬独自の重厚な町並みが立ち上がりつつあって、この点が高く評価される。古い木造町家の他に、鉄筋コンクリート造等の既存建物や看板などの修景にも今後取り組んでいかれることを期待したい。


© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.