くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H11-086日光の棚田
  くまもと景観のご紹介
 
86. 日光の棚田 (にちこうのたなだ)  
  ●所 在:八代市坂本町大字鮎帰
●形 態:棚田
●施主等:日光地区棚田管理組合
●平成11年度景観奨励賞受賞

 
  
■1999くまもと景観賞パンフレットから抜粋
 日光の集落は標高500m近い屋根端部に等高線に沿って高密度に営まれ、それ自体築造の絶妙さを遺憾なく示している。屋敷回りの微小緩傾斜地までを使い尽くす菜園の在り様は、古典的山村の自給型農業の面影を色濃く残している。その上方、石垣を幾重にも積み重ねた棚田は「笹を置いて隠れる」極小田を含むまさに見事な「千枚田」となっている。その石は米・雑穀で購われたという。縦横に畦・小道・水路・緩やかに築かれた往還は「人の背による運搬」を前提とするヒューマンスケールのものである。動き手の減少、高齢化による「荒れ」が目立ち始めてはいるが貴重な文化財的価値を持つ。なんとか後世に伝えたいかけがえのない景観である。


© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.