くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H08-065夏目漱石内坪井旧居
  くまもと景観のご紹介
 
65. 夏目漱石内坪井旧居 (なつめそうせきうちつぼいきゅうきょ)  
  ●所 在:熊本市内坪井町
     地図はこちら

●形 態:建築物
●施主等:熊本市
     中林雅二・アトリエ
     カツミコーポレーション
●平成8年度テーマ賞「歴史を生かした景観」受賞
 
  
■1996くまもと景観賞パンフレットから抜粋

 文豪・夏目漱石は、五高教授としての熊本在勤時代(明治29年4月〜同33年7月)に6度転居しているが、もっとも長く1年8ヵ月暮らし、長女筆子が誕生したのが第5番目の内坪井旧居。
 木造平屋建て(延べ床面積約210平方メートル、玄関わきの洋間は大正時代の増築)の明治の風情を残す民家が、庭の緑に囲まれて、閑静なたたずまいを見せている。熊本市は昭和53年市指定史跡とし、平成8年に漱石来熊百年記念事業の一環として補修整備し、新たに庭に句碑も建立した。明治の面影と若き日の文豪の生活をしのばせる文化遺跡で、街の歴史の奥行きを感じさせる。



© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.