くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H07-063馬見原橋
  くまもと景観のご紹介
 
63. 馬見原橋 (まみはらばし)  
 

●所 在:上益城郡山都町大字馬見原滝上
       地図はこちら
●形 態:釣梁
●施主等:蘇陽町
     青木淳建築計画事務所・樺央技術コンサルタンツ設計共同体
     
株ム干建設
     石川島播磨重工業

●平成7年度さわやか街かど賞受賞

 
  
■1995くまもと景観賞パンフレットから抜粋

 熊本県と宮崎県との県境を流れる五ヶ瀬川に架かるこの橋は、人々を導くかのように清楚な姿でむかえてくれる。橋のたもとから河原に下りると、この橋の独特なシステムが一望できる。向こう岸を結ぶ役割と、橋にたたずむ人々を水面に近づけるやさしさが具現化された橋である。巨大橋が自然と対峙しているのに比べ、この橋は幾何学問的な曲線を描きながらも環境との融和をもとめている。
 手前にある夫婦岩のしめ縄とともに、町の入口としてのシンボルともなっている。山間の里にさわやかさと人々が出会う「まちかど」を与えてくれた作品である



© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.