くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > H06-055不知火町松合界隈
  くまもと景観のご紹介
 

 
55. 不知火町松合界隈  (しらぬいまちまつあいかいわい)  
 

●所 在:宇城市不知火町大字松合
       地図はこちら
●形 態:まちなみ
●施主等:不知火町
●平成6年度テーマ賞「路地又は界隈」受賞

 
  
■1994くまもと景観賞パンフレットから抜粋

 不知火で知られる松合は、生活感が溢れ、界隈という言葉がしっくりくるところである。
江戸中期以降、漁港から発展して醤油や酒造などの醸造業、船問屋などの商業が興り、明治30年頃に隆盛期を迎えた町である。その面影は、旧富岡往還沿いに数多く残る白壁土蔵群などに見ることができる。
 現在は、これらの土蔵を守る保存会も結成され、景観整備を中心とした町興しが熱心に行われている。



© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.