くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > くまもと街路樹・景観・公園の紹介 > くまもと景観 > 004旅館 金波楼
  くまもと景観のご紹介
 
C 旅館 金波楼
(りょかん きんぱろう)  
  ●所 在:八代市日奈久上西町336-3
      地図はこちら
●形 態:歴史的建造物
●施主等:(資)金波楼
●平成20年度地域景観賞受賞
 
■2008くまもと景観賞パンフレットから抜粋
 室町期に温泉が発見され、江戸時代に薩摩街道が整備された日奈久は、海と山に挟まれ、迷路のような町並みの中に木造の旅館や蔵が残り、長く県民に親しまれてきた温泉街である。この建物はその一角にあり、狭い道路に面する西正面は3つの異なる表情を持つ。北から、錆色の土と炭化した木材で作られ小屋根のついた板塀があり、庭を挟んで3層の白い建物が聳える。中ほどはコの字型の奥まった所に屋根つきの門があり、玄関、大階段、その先にある桃山式庭園が窺える。南は建物自体が通りに接しているが、持ち送りで張り出した軒は町並みにやさしい影を落としている。それでいて全体として調和が取れ、かつての温泉街の賑わいを髣髴とさせる。新たな町並みづくりの核となる重要な建物として評価された。


© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.