くまもと緑・景観協働機構
事業概要 各種助成事業 くまもと路樹・景観の紹介 老樹名木めぐり 花と緑の園芸相談 調査・研究 各種申請書 お問い合わせ Q&A(FQA)
  HOME > 老樹名木めぐり > 027相生の椋と榎
  老樹名木のご紹介
 
相生の椋と榎(あいおいのむくとえのき)

所在地 樹種 樹齢(推定) 幹囲 樹高
菊池市泗水町 ムクノキ・エノキ 300〜400年 椋3.5m
榎3.8m
椋15m
榎20m

椋と榎が融合 巨樹愛好者必見

二本の樹木が合体しているので相生といいますが、このムクノキとエノキは根元が合体し、一度分かれてから再び融合して、幹と枝にそれぞれの葉があり、それぞれの花が咲き実が実ります。異なる種類の樹木が融合している例は大変珍しく、県の天然記念物に指定されています。

【場所】
国道387号を菊池方面に向かう。合志川を渡ってすぐ川沿いの道を右折。500m左側、泗水中の校舎横。








詳細な地図はこちら

© Kumamoto Midori Keikan Kyoudou Kikou. All Rights Reserved.